Q. ショップを経営しており、工場も併設しております。お客様の要望により電動ウォーターポンプを販売取り付けをしたいのですが、業販可能でしょうか?

はい、もちろん可能です。メールもしくはお電話で諸々確認させていただければ継続でお取引可能でございます。
お客様へのサポート含めてご相談ください。


Q. EBP15をオートバイに取付けたいのですが、機械式サーモスタットを取り外しEWP電動ウォーターポンプ ファンデジタルコントローラー(単品)にて温度コントロールしたいのですが配線加工すればコントロールする事は可能でしょうか?
 EBPブースターポンプはオートバイには既に色々装着頂いている実績がございます。走るステージやラジエーターのサイズによって選択肢としてはEBP15もしくはEBP23が最適です。

 ただ、このブースターポンプはブラシレスモーターなので残念ながらスピードコントロールは出来ません。
従いましてEWP用のデジタルコントローラーは使用出来ません
これまで装着いただいている皆様はイグニッションONでEBPが常時ONになるように装着頂いております。
オーバークールをご心配されているかと思いますが、熱交換を行うラジエーターに風が当たるか電動ファンがONにならない限りは内部をクーラントが循環してもあまり熱交換されないのでご心配は無いかと思います。

その他疑問点等ございましたら遠慮なくご連絡くださいませ。お電話でも丁寧に説明させて頂きます。


Q. リアラジ化を考えているのですが、配管やエア抜き箇所などアドバイスいただけますか?

 リアラジ化はもはやドリフト車両では鉄板ですね。競技車両も多く手がけておりますのでなんなりとご相談ください。リアまでの配管はAN16サイズがお勧めです。AN20化すると逆に流速が落ちて逆に冷えない事があります。
整備性を考慮してキノクニのラジホースも良いですし、アルミ配管でも構いません。この辺の優劣に関してはお電話ででも説明させていただきます。
 エア抜きの箇所はエンジン側とリアのラジエーター側に有れば十分だと思われます。真空引き工具を使えば素早く確実に行えるのでそれならばリアだけでも十分です。
 業界1といわれているバキュームチャージャーも弊社で扱っておりますのでご検討頂ければ幸いです。この工具を使うとこれまで一体なんだったんだろう?と言う程素早く行えるので一般車両整備にも大いに役立ちます。
まだまだ色々ご提案出来る事がありますので、ご検討ください。


Q. FT86でサーキットも走っているのですが、EWP80で問題ないですか?
 はい。これまで数台でテストした結果、EWP80で十分サーキット走行にも大丈夫です。純正以上にクーリングが可能でした。

Q.  製品寿命はどのくらいでしょうか?年間1.5〜2万キロ位走行していますが、何年ごとに交換推奨はあるのでしょうか? 壊れる前に何か症状ありますか?

 寿命については車の走行距離や使用方法で変わるので非常に難しい質問です。おおよそ3年~5年と考えれば宜しいかと思います。 壊れる前の症状としてはポンプの速度が遅くなる事によってクーリングが悪くなる事も有れば、本体から水が少し漏れて気付く場合もございます。装着の際は何らかの水温ワーニングを入れておくことを推奨いたします。万が一壊れた場合を考慮して純正ポンプと純正ベルトを保管しておく事をお勧め致します。


Q. 冬場はどんな感じですか。暖気の時間が結構長くなったりオーバークールの対策があれば教えてください。

 本キットは純正サーモスタットを撤去するので冬場はオーバークールが発生します。暖気時間は冬以外は問題有りませんが冬だと暖気まで少し時間が長くなります。オーバークールの対策としてはラジエーターにダンボール等で半分程覆ってご自身のクルマに合うように調整すれば水温は上がります。サーキット走行時はナンバープレートを外すと同時にダンボールを外して走行するなどユーザー様はされています。ダンボールに関してはラジエーター後方で電動ファンとの間でOKです。前でも後ろでもつけやすい方で問題有りません。
 一方で純正サーモスタットに穴を開ける方法も有ります。ですが、外したほうが冷却は良いので外す事をお勧めしています。EWPを装着する最大のメリットはエンジンのレスポンスアップと馬力アップです。これまでどのクルマも約5馬力は確実に向上します。クーリングに関しても低回転や止まっている時のクーリングの早さはとても早いです。


Q. EWP電動ウォーターポンプ ファンデジタルコントローラー(単品)を取り付ける場所がありません。専用のステーや小型ユニットなどありませんか?

 恐れ入りますが、コントローラーの位置については、ご自身で検討して設置いただくしかありません。
ご希望であればこれまでに装着した画像を個別にお送りしますのでご参考ください。


Q. スワールポットがついてますが、外した方が良いですか?また、エア抜きはエンジンかけずに出来るようになりますか?

 スワールポットは有っても構いませんが、EWPを装着するとキャビテーションが無くなるのでスワールポットを装着する意味が無くなります。有っても無くても同じです。エア抜きに関してはサーモスタットを外すとクーラントの排出も注入も非常に楽になります。また、EWP本体のカプラーを外してオスカプラーを自作し、バッテリーと直接繋げば強制運転でエンジンをかける事無く簡単にクーラント注入が出来、エア抜きも瞬時に終わります。エアは全く噛まなくなります。